借金で退職するかどうか悩み中の方は退職じゃなく転職を!

 

借金返済中の身で何故仕事を辞めたくなるのか

普通、借金返済中であれば収入源が無いと返済が出来ませんから、その収入源の仕事をあてもなく辞めるなんて、しないかと思いますよね。
ただ、借金返済中の身であることが精神的にきつくなる原因にもなり、追い詰められたときに辞めざるを得ない状況になってしまうこともあるのです。

また、人間関係においても、同僚や後輩が、自分よりも自由にお金を使えている状況を毎日見なくてはいけないこともあります。

本来であれば、同じ給与水準なのに、何故自分だけこんなみすぼらしい生活を送らなくてはいけないのか…そういった悪循環の中、心が折れてしまうのです。
それ自体を責めることはしませんし、つらい状況に残れとも言えません。

ただ、あてもな辞めるというよりは、「転職」という形をおすすめしたいのです。

借金返済を効率的にすすめながら、仕事においてもスムーズに退職できるアドバイスを紹介します。

退職した後、お金のやりくりはどうするか?

まず、今の会社を辞めたとして、その後のお金のやりくりのイメージを立てておくことが大事です。
やみくもに「辞めたい!」という気持ちばかり先行しがちですが、無職の期間が長いとお金もそこをつきてしまいますから、どうのような方法で生計を立てるか考えておきましょう。

借金返済計画ツールを使用して立てる

月々の返済金額があると思いますが、その金額が正しいかは…本当は違うケースも良くあるんです。
金融業者から言われるがまま返済していると、不当な利息が発生している場合もあります。

弁護士事務所が運営しているサービスで借金返済シミュレーターというものがあるので、そちらの無料サービスを使用して、過払い金の有無を確認してから、正しいスケジュールを組みましょう。

債務整理をする

借金返済シミュレーターを使っても尚、難しい返済額&明日から仕事を続けるのも無理な状態であれば、債務整理を行う方法もあります。

特に自己破産を行えば、今の借金が帳消しになります。今後ローン等を組むのが難しくなるデメリットもありますので、その点もしっかりと理解した上で行いましょう。

次の転職先が決まってから辞める

一番安全なのは、今の収入と変わらない・もしくは収入アップが期待できる転職先を見つけることです。
有給消化中に転職活動をする人もいますが、今のご時世、かならずその期間中に希望の職が見つかるとは限りませんので、確実なのは働いている最中に転職活動を行うことです。