貯金よりも借金返済を優先すべき理由は?

 

給料やボーナスなどが入って、貯金するべきか、借金返済をするべきかお悩みの方は多いのではないでしょうか。果たして、どちらを選択するべきなのでしょうか。

利息がかかるため返済もしたいが貯金の確保もしたい

余剰金があるにも関わらず借金を返済しないということは、繰り上げ返済によって本来支払わなくてもいい利息を払うことになるということです。
一方で、万が一の出費がある場合に貯金がゼロというわけにはいかないので、悩ましいところですね。

これらを鑑みると、人によって選択肢は異なるということでしょう。もし貯金が必要最低限あるのであらば、借金返済に回すべきでしょう。

利息の大小によっても判断は変わる

また、返済しなければいけないお金に利息が乗っかってくる場合、その利息の大小によっても変わります。
住宅ローンのような場合、利息は低いですし繰り上げ返済の手数料がかかってくるため、その辺を見極める必要があるでしょう。
カードローンのような場合には、金利がかなり高く、繰り上げ返済をしていかないと借入残高が一向に減らないといった性質を持つため、即返済したほうがいいでひょう。

貯金が無くて借金返済ができない場合には…

もし貯金が全く無く、さらには借金返済の目処が一向につかない場合には、債務整理といった国が認めた減額制度を利用することをお薦めします。
利用するべきかどうかは、下記の借金返済シミュレーターによって判断することが出来ます。本来は弁護士と対面で話して決めるところ、ネット上で匿名でシミュレーションすることができます。いきなり弁護士に依頼するのもハードルが高い方はぜひご利用ください。