債務整理するのに借金の理由は関係あるか?

 

あまりにも多くの借金を抱えていたり、借金を完済する能力がないといった人の中には、債務整理を検討している人もいるでしょう。ここで疑問に思うのが、借金の理由によって債務整理ができる/できないは関係あるのかということです。

債務整理するのに借金の理由はそこまで関係ない!

借金の理由によっては、債務整理が認められないこともありますが、よほどなことが無い限り、認められるといった認識で良いでしょう。
そもそも、借金をした理由など単に借入金の額など見ても分からないですからね…(小声)

借金問題を長引かせるなら早めに判断しよう

借金問題は長引かせれば長引かせるほど後を引きますし、ズルズルしたところで意味はありません。むしろ、完済できない借金に対して、毎月利息部分のみ支払うことが心身にとっては悪いですからね。
こういった問題を先送りにしない/深刻化させないといった観点からも、早めに債務整理をするといった意思決定は必要です。

債務整理は弁護士の得意分野!

債務整理をするためには、弁護士に無料相談をするなどして、今の借金がいくら免除されるかを知ることが大事です。債務整理の中でも、自己破産しなくて済む手続きもありますからね。自己破産は原則として持ち家などの財産を手放す代わりに、債務を全て免除してもらうことができますがあまりにもデメリットが大きいです。自身の財産を手放すことなく、どの手債務整理の続きが最も適しているのかを勧めてもらうといいでしょう。
言うまでもなく、債務整理は国が認めた借金減額手続きなので怪しいことは何もありません。また、いきなり弁護士に相談するのに対して気が引けるという方は、ネットで匿名かつ無料でいくら減額するか知るのもいいでしょう。