リボ払いは借金地獄スタートと同じ?

 

新卒社会人に襲いかかるリボ払いという甘い罠

社会人になりたての新卒社会人が覚え始めるのは仕事だけではなく、先輩や同期との飲み会や、楽しいことも多いでしょう。

時には、同期に負けたく無いという想いから、上司との飲み会も付き合いを頑張り、良いカバンを持ち、プライベートも営業活動を行ったり…と、最初はお金がすごくかかります。

その時に、リボ払いという支払い方を覚えてしまう人が多いのです。

決して悪いことではありませんが、こんなに簡単に支払が楽になり、好きなことをできるようになり、歯止めが利かなくってきてしまうのです。

気が付いた時には、リボ払いのために借金をするようになる

リボ地獄ともいわれていますが、今やzozotown等の大手ファッションサイトでもつけ払いというリボ払いができるようになったり、お金は後でも良いから買っていいよと囁いてくるケースも増えてきました。

気がつくと、リボ払いの返済すらも収入では足りなくなり、金融機関に借金をするようになってしまいます。

そして、しまいには何処の金融機関からも借りれなくなるのです。

リボ払い返済の借金生活はあまりにも長く険しい道のり

収入は変わらずに、欲しいものは我慢して、借りた金額よりも利息の返済額の方が多くなっている状況で、節約しながら社会人生活を送るのはとても厳しいです。

飲み会や食事の付き合いも悪くなり、閉鎖的な人間になります。

そうなると、心にも余裕がなくなり、仕事の成果はもちろんですが、最悪は精神状態の悪化によりうつ病になる可能性もあります。

リボ地獄に落ち入ったら債務整理をおすすめします

自己破産というと、とてもリスクが高いですが、任意整理ならリスクも背負わずに債務整理を行うことができます。

この任意整理は、財産などを手放すこともない、リスクの低い債務整理方法。
しかも、利息をカットしてくれるので、毎月の返済額は大幅に減ることになります。

そういった理由から、多くの人は、この任意整理を選んでいるとのこと。

弁護士事務所が運営しているサービスで借金返済シミュレーターというものがあるので、そちらの無料サービスを使用して、過払い金の有無を確認してから、任意整理について検討してみましょう。