【低所得で定職がない】独身一人暮らし女性の借金問題

 

実家から離れて一人暮らしている女性にありがちな借金問題。
定職に就けず低所得で、実家や友人・知人など誰も頼れず、賃貸で一人暮らしをしている(せざるをえない)人も少なからずいます。
このような不安定な中では、借金に頼らざるをえない状況がすぐそこにあると容易に推測できます。
定職に就いてないとなると、働いた分しか入ってきません。体調を崩してしまえば、有給もないですので、かなりレッドゾーンではないかと考えられます。
生活保護にはなりたくないと、一生懸命生きている方もいらっしゃるかと思います。ただし、借金を負って返済プランもなければ、毎月金利だけを返している状況であれば、残念ですが明るい未来はありません。
むしろ、このような自転車操業の状況がいつまでも続くわけがわりません。
借金は、債務整理という国が認めた手続きで何とでもなりますし、生活保護の手続きで認可がおりれば、少なくとも今の自転車操業からは脱出できます。まずは、精神的に落ち着ける環境を作って、冷静になって立ち直ることをお勧めしたいと思います。借金や生活苦を解決する手段はあります。リスタートする機会だってあります。
まずは、精神的に落ち着くことが一番です。精神的に落ち着いてから、どうするかを決めるべきです。
今もしあなたが、借金問題に陥っていたら、この記事で何か気付きを得ていただければ幸いです。

ちなみに、こういった借金問題については弁護士に頼んで解決するのが最も手っ取り早いです。無料相談もありますし、まずは自分の借金額がいくら減るかを診断してみるのが最も気軽にできる方法かと思います。