親の借金と子供の返済義務について

 

親が亡くなって、財産を相続することができるというのは誰もがご存知だと思います。また、親が生前に背負った借金があった場合、その借金についても相続することになります。誰かの連帯保証人だった場合にも、子どもへ相続されることになります。

借金は相続放棄ができる

「借金も相続することになったら破産してしまう!」と思われる方へ、ご安心ください。その場合には、相続を放棄することが出来ます。財産だけ相続して、借金だけ放棄することはできないのでご注意ください。

しかし、財産の範囲内で借金も相続するといった、限定承認という手続きもあります。その場合には相続人全員の承認が必要であるため、揉めるケースも少なくありません。

相続を放棄する場合には、相続開始を知ったときから3か月以内に家庭裁判所での手続きを行う必要があります。なので、それまで気付かなかった場合にも、放棄を認めてもらえるケースがあります。

抵当権がある場合には注意

ただし、住宅などを担保に入れていて、抵当権にが発生している場合には専門家に相談して進めるのがいいでしょう。住宅ローンの場合には、住宅を担保にしてローンを組みますので、団体信用生命保険に入っていない場合には、親が亡くなっても子どもがローンを相続する形になります。

上記で述べた、限定承認という方法を使えば住宅ローンを返済しなくてもいい可能性はありますが、ケースにより様々なので、弁護士などの専門家に相談したうえで相続するべきか放棄するべきかを決めたほうが良いでしょう。場合によっては、返済しない(相続を放棄する)ことで家を失ってしまう可能性もあります。

すでに借金を相続してしまった場合にはどう対処したらいいのでしょうか。
こういった借金問題については弁護士に頼んで解決するのが最も手っ取り早いです。無料相談もありますし、まずは自分の借金額がいくら減るかを診断してみるのが最も気軽にできる方法かと思います。