【シングルマザー】離婚後の生活苦で借金

 

シングルマザーは年々増えている

日本の国勢調査によると2000年から2010年にかけて未婚のシングルマザーの数は約6万3千人から約13万2千人に増加しています。増加率は200%越と文字通り爆発的な伸び率です。

これはシングルマザー全体の13.2%にものぼります。確かに、芸能人でもシングルマザーとして公表している人も多いですし、今は4組に1組が離婚すると言われていますから、シングルマザーが珍しくない状況になってきました。

シングルマザーの経済状況は様々

離婚の理由にも色々あるように、シングルマザーの経済状況も様々と言えるでしょう。

弁護士を立てて慰謝料という形でお金や資産を手に入れる人もいれば、そもそも経済的に余裕がない中で離婚の決断をするカップルもいます。

ただ、その中でもどうしても離婚をしないと精神的に苦しかったり、よくない環境になってしまうこともあるので、借金をしてでも生活費を捻出しないといけない場合もあります。

子育てに借金生活

子育てには費用がたくさんかかります。保育園代もそうですし、貯金がなければ医療費や学費、食費も結構かかるので、養育費ももらえない状況となれば借り入れを行う人も多いのです。

平均収入は約180万円で、子供のいるほかの世帯より400万円程低いと言われています。やはり、厳しい家計状況にあるシングルマザーが多いようです。

そのため、国や地方自治体からもたくさんの支援制度や補助金制度が提供されています。

借り入れがある場合は弁護士に相談を

借金生活をしていると精神的に余裕もなくなり、子供にも優しくて接せなくなってくる人もいます。

そうなる前に、まずは弁護士に相談しましょう。

何から手をつけていいかわからない人は、まず借金返済シミュレーターを利用してみましょう。