闇金の踏み倒しは危険!根本的に解決をする方法を紹介

 

どこの金融機関でもお金を貸してくれない。そんな時に頼ってしまう闇金。本来であれば絶対に頼るべきでない存在なのです。では、闇金から借りたお金を返せないとなった時に、踏み倒すことは可能なのでしょうか。答えは限りなくノーに近いです。例えば引っ越して住民票を変えるとしましょう。その場合でも彼らは執拗に追いかけてきます。

どこまでも追いかけてくるヤミ金

家族や職場の元を訪ねて、あなたの返済を迫ることも珍しくありません。そうなると、無関係な人々にも危害が及びかねません。また、職場に尋ねられるとなると、あなたは厄介な存在として扱われ、会社の中でもかなり冷たく見られることは間違いないでしょう。

このように、住所を変更したところで根本的な解決にはなりません。地獄までも追いかけてくる存在であるとも言えるでしょう。闇金を描いた漫画も流行しており、フィクションであると捉えられるかもしれませんが、このような執拗に追ってくる描写はリアルと変わりないと言えるでしょう。

根本的に解決するためには?

また、警察に相談をしても、実害がない限りはまともに取り扱ってもらえない可能性も高いです。相談相手としては、警察よりも別の専門家などに頼んだ方が解決する可能性ははるかに高いでしょう。
このように法律の専門家に相談し、法的に解決を図るのが最短かつ根本的な解決方法であると言えるでしょう。闇金が怖いからと言って、対決をズルズルと先送りにするのではなく、一刻でも早く行動に起こすべきです。

もともと借金まみれなら根本的に解決を

また闇金に頼るということは、元経済的に首が回らない状況であった可能性が高いです。つまり、多額の借金を抱えている人が多いことでしょう。
この場合も、借金を法的に免除する手続きを取って、今後は借金に依存しないような生活を送るために人生をリスタートするべきでしょう。
多重債務問題は、必ず解決することが出来るので、一人で抱え込まずに弁護士などに相談してみることが人生をやり直すうえでの大きな近道でしょう。